HEAVENS / 小松 敦

judge_002_com

THAというカルチャーを
一緒に積み重ねていこう!

小松 敦


ヘアカタログの意識をひとつ超えたリアルデザインの可能性

第4回目を迎えた今年は、約1018作品という過去最多のエントリーがありました。これはTHAが「東京」という価値のあるフォトコンだという認識が高まったことが大きいのではないでしょうか。そして間違いなく全体のレベルも上がっています。昨年からクリエイティブデザイン部門とリアルデザイン部門に分かれましたが、今年は何がクリエイティブデザインなのか、何がリアルデザインなのかが、皆さんの中で整理されてきているように感じます。 
リアルデザイン部門では、ヘアデザインの要素として、レングス、似合わせ、フォルム、ラインといった自分の得意な表現の中で、サロンワークで作るカタログやヘアスタイルの意識をひとつ超えたところにあるリアルデザインの可能性を打ち出そうという意識が感じられました。僕は、こうしたジャンルを“リアリティブ”と言っていますが、すごく良い方向にあるのではないかと思います。グランプリの堀江 昌樹さんの(apish jeno)の作品は、誰が見ても美しい、素敵、キレイだと感じます。一枚の写真の中で女性の髪が美しく動いていて、生の素材を活かしているから、このデザインが作れたということがすごく伝わります。ファッション感という点では課題がありますが、モデルのキャラクターを表現した純粋なポートレートとして好感が持てました。

バリエーション豊かでエネルギーを感じる作品が多かった

クリエイティブデザイン部門は、世界感の打ち出し方がバリエーション豊かで創造エネルギーのベクトルが感じられる、優れた作品が昨年以上に多かったと思います。日本の美容師にこれだけのデザインの幅があるのは素晴らしいことですね。僕は、髪は基本的に美しく作ってほしいと思うのですが、今回、小松賞に選んだ、浦川 亜希さん(M.SLASH 本牧)の作品は、髪の色、ディティールの作り方など“壊す作業”をしています。しかし、テクスチャーや顔にかかる髪のエッジ感、モデルの表情も含めてパーフェクトに構成されており、写真全体からエネルギーやパッションを感じました。写真のテイストとしては、ノスタルジックな総天然色カラーで、特撮ヒーローものや怪獣映画のようなカルチャーを感じさせるところも評価しました。

作品撮りは、自分の仕事を客観的に見るために必要なこと

フォトコンテストに参加する、しないに関わらず、サロンワークだけでは感じ得ない“自分の仕事を客観的に見る”という点で、まずはヘアをフォトに収めてしてみることをおススメします。そうすることで、バランスや似合わせなど自分の中で足りないものが分かり、必ずサロンワークにフィードバックすることが出来ます。僕も最初は、ひとつの記録として作品を撮り始めました。今は、一般の10代の子が当たり前のようにSNSに自撮り写真をアップしている時代です。彼女たちは自分が可愛く見えるアングルを探すのが得意です。それなのに我々プロが客観的にヘアをフォトに収められないのでは美容業界はセンスがないと思われてしまいます。オシャレはカルチャーの積み重ねだと思っていますが、今、この場に参加している人達はTHAというカルチャーを共に積み重ねているのです。次は、あなたも臨んでみてください!

 

 

 

Let’s build a THA culture together!

Atsushi Komatsu


The potential of Real Design beyond the hair catalog

We are now in our fourth year, with 1,018 entries this year—the largest number ever. This is perhaps influenced by the THA’s efforts to promote awareness of the contest’s value as being Tokyo-based.

There is no doubt that the overall quality of the contest has also increased. Since last year, it has been divided into the two categories of Creative Design and Real Design, and there now seems to be a better understanding of what these two things mean.

In the Real Design Division, I felt that conscious attempts have been made to think beyond the salon work of hairstyles and catalog images to explore the potential of Real Design, whether in terms of length, fit, form, or line—whatever element of hair design the contestant specializes in. I call this genre “Realitive,” and I think that it’s going in a very positive direction.

Anyone looking at the winning entry of Masaki Horie (apish jeno) will find it appealing. There is beautiful movement in the woman’s hair, and the image very clearly conveys its design concept of using the raw subject matter to its best advantage. While I have issues with the sense of fashion applied, what impressed me was that the image is a true portrait of the model’s character.

Entries rich in variation and full of energy

In the Creative Design Division, there were more entries than last year that delivered rich variation in presenting world views, and that made us sense the trajectories of the energy created. It’s amazing that hairdressers in Japan have such range in their designs.

I think that we should generally work towards making hair beautiful, but the entry that I chose for the Komatsu Prize, by Aki Urakawa (M.SLASH, Honmoku), has “damaged” elements at work, such as the color and how the details have been achieved. And yet the composition is perfect, with the texture and edginess of the hair across the model’s face, and her expression. I sense energy and passion in the image as a whole. I also like the personality of the photo, which gives me the feeling of SFX hero or monster film culture through the use of nostalgic true colors.

Photographing your own work is crucial to being objective

Regardless of whether you participate in photo contests or not, I recommend that you capture your work on camera to help you view it objectively, which you cannot get a sense of from just working at a salon. Doing this will help you understand what you are still missing, such as balance or fit, and will surely give you with feedback for your salon work. At first, I took photos to record my work.
 We live at a time when it is perfectly normal for the average teen to take selfies and post them on SNS sites. These girls are very good at finding the angles that flatter them, so if we hair professionals can’t take photos objectively, we will look like we lack style and the beauty industry will be in big trouble.

I think that style flourishes as a culture grows, and the people participating in the THA culture today are building this culture together. I hope you can join us in the future!

Model Parameters

Model Skills