TONI&GUY JAPAN / 雑賀 英敏

judge_004_com

いつものルールを壊して挑むと
面白いものが生まれる。

雑賀 英敏


シンプルな中に美しさを感じさせるミニマリズム

今年はエントリー数も増えたので圧巻でした。その分、クオリティーの高い作品が多かったので、一次選考でピックアップしたものだけでもかなりの数があり、そこから絞り込むのが至難の技でした。確実にボトムアップした感じがします。リアルデザイン部門は、サロンワークの延長線上で、こういうヘアデザインを提案していきたいと思わせるものや、モデルのキレイな部分を引き出している作品が多かったです。その中でもTHAの“東京を代表して世界へ”というテーマを持って見た時に、シンプルな中にも美しさやフェミニンさがあり、美容師としての技術が詰まっている作品が上位に選ばれていると思いました。グランプリの堀江 昌樹さん(apish jeno)の作品はその象徴です。ヘアスタイルはすごくミニマルでシンプルですが、髪が風でフワっと美しく動きつつ、その中から瞳が覗いていて、まず目に飛び込んできました。モデルさんの美しさを生の素材でこれだけ引き立たせているのは写真的にも良いですし、審査員全員が票を投じたのはこの作品だけでした。

日本は全体のクオリティーがまだ追いついていない

クリエイティブデザイン部門はさらに審査が難しかったです。全体的に色味や形を作るという意味では、まだ伸びる余地はあると思いますが、作品の幅が広がり、ヘアもフォトグラフィーのクオリティーも相当上がったという感じがしました。ノミネートされた作品は、雑誌に掲載されていても通用するものばかりだと思います。しかし、僕としては、もっとブッ飛んでいて、且つフィットしている作品が見たい。「コレどうなっているの?髪の毛なの?」というヘアを本当は選びたいのです。ノミネートされていない作品の中にも斬新なアイデアはたくさんあったのですが、フィット感やフェミニン感、写真のクオリティー、モデルの選び方など何かがひとつ足りない。日本では、まだ全体のクオリティーが追いついていないという現状を感じました。

撮影の本番前にテストしてみることが大事

クリエイティブフォトに関しては、本番1回で臨むのではなく、思いついたことを撮影の前にテストしてみることが大事です。例えば、ひとつのシェイプを作るのにどの技術を使うのが正しいのかを試してみる。自分のインスピレーションを信じて時間が許される限り、色々試していくとクオリティーが上がっていきます。しかし、練習していたものが、撮影の時にフィットしない場合もあります。その時には思いきって方向転換をする勇気も必要なのです。相反するようですが、この2つをタイミング良くやること。あとはポイントをひとつに絞ることも大切です。一人のモデルで複数の作品を作ることはやめ、1つの作品に入れるディティールもなるべく少ないほうが良いでしょう。今回、入賞した作品にも見られますが、それが現在のテイストなのだと思います。逆にアレもコレも盛り込んでフィットしたら、それはスゴイ。ギリギリのところを自分で探していく感じです。クリエイティブには正解がありません。基本がしっかり出来ていれば、サロンワークでのルールを180度変え、逆転の発想で挑んでみると面白いものが生まれるかもしれません。

 

 

 

Interesting things happen when you try to break the rules

Hidetoshi Saiga


A minimalism that makes you appreciate the beauty in simplicity

This year stands out because of the sheer number of entries we received. This meant that there were many strong contenders this year, and we had a large number to work through even after the first screening. Narrowing it down further was a difficult feat. I think that the process was completely bottom up.

In the Real Design Division, many entries seemed to propose designs that were an extension of salon work, or that drew out the model’s beauty. The top ranking images were chosen with the THA theme in mind of representing Tokyo on the world stage, and are simple but present beauty and femininity while showcasing excellent technique.

This is what is represented in the work of the Grand Prize winner, Masaki Horie (apish jeno). While the hairstyle is very minimal and simple, the first thing to catch your eye are the model’s eyes peeking out from underneath her hair, which has beautiful movement as it blows softly in the wind. As a photograph, it is quite remarkable for having succeeded in drawing out this much of the model’s beauty using only the raw subject matter. All the judges cast their vote for this entry.

Japan is still behind in overall quality

Judging the Creative Design Division was even more difficult. In terms of overall color and form, I think that there is still room to grow as a whole, but that there is now more range among the images submitted, and the hair designs and quality of photography have improved considerably. All the photos nominated are suitable for magazine publication.

For me, however, I wanted to see photos that had more impact and the right fit. What I really wanted to vote for were images that made me wonder, “What’s going on here? Is that hair?” Although there were many innovative ideas among those that were not nominated, there was always something missing: in the fit or femininity, the quality of the photo, or the choice of model. I think that Japan is still lagging behind in overall quality.

Test your vision before the actual shoot

For creative photos, don’t do it all in a single take. It’s important to do a trial run for all your ideas. For example, test out what techniques will work best to create a particular shape. Believe in your inspiration. Try as many different things as time will permit as this will improve the quality of your work.

There will be times when what you have practiced fails to come together for the actual shoot. Have the courage to boldly change course if this happens. It might seem contradictory, but handle the timing of these two things well.

It’s also important to focus on one aspect. Don’t create multiple looks for a single model. It’s also better to reduce the number of details in a single photo as much as you can. This seems to be the test for us today, as you can see from this year’s winners. If you do manage to successfully incorporate extra things, consider it an accomplishment. Experiment boldly with the dividing line.

There are no right answers when it comes to creativity. As long as you get the basics right, then if you do a 180-degree flip of the salon rules and attempt something from a new angle, you might just come up with something interesting.

Model Parameters

Model Skills